全家研から皆さんへ

なくしたい叱り方

(全日本家庭教育研究会)岸田先生


 算数のテストの点数が悪くて、しょげている1年生の男の子を、お母さんに代わって叱ってみましょう。


 
何回同じことで叱られたら、気がすむのよ。答えを書いたら、きちんと見なおしなさいと、いつも言ってるでしょう。一昨日も、6と9をまちがえてたし算したし、先週は、たし算とひき算をまちがえて計算したでしょ。国語も同じよ。この前、山と川の漢字を反対に書いたでしょ。山がどうして川なのよ。こんな簡単な問題をまちがうなんて、ほんとうに、あなたはダメな子ね。いったい全体、だれに似たの?


 たった一言、「そう、70点だったの。がんばっていたのに、残念ね。また、今度がんばろうよ」と励ましてあげればよいのを、オーバー気味に、とっても長いお小言にしてみました。

 初めに、「何回同じことで叱られたら、気がすむのよ」と、おなじみの前置きのことばがあって、「答えを書いたら、きちんと見なおしなさいと、いつも言ってるでしょう」と、これは、正しい指導を入れてみました。

 次は、「一昨日も、6と9をまちがえてたし算したし、先週は、たし算とひき算をまちがえて計算したでしょ」と、今度のテストとは直接関係のないことのむし返しです。

 「国語も同じよ。この前、山と川の漢字を反対に書いたでしょ」は、しつこくて陰湿な“いじめ”みたいなものでしょう。

 「山がどうして川なのよ」は、身勝手な親のグチです。

 そして、「こんな簡単な問題をまちがうなんて、ほんとうに、あなたはダメな子ね」と、テストの点数だけで、子どもを“できの悪い”タイプにはめこんでしまいました。


 
最後の仕上げは“いやみ”です。「いったい全体、だれに似たの?」もちろん、ご自分ではありません。

 私自身、自分の子どものテストの点数をあまり見たことがないという、出来のよくない父親でしたから、あまり偉そうなことは言えませんが、“子どもに嫌われない大人”になるために、やめたほうがいいな、なくしたほうがいいなと思う叱り方を取り上げて、“なくしたい叱り方”と呼んでいます。(“なくしたい”は、次の5つの頭文字を取ったものです。)

 ながい、くどい、しつこい、タイプにはめる いやみがある

 ながい(長い)叱り方は、読んで字のごとくです。

 くどい叱り方は、同じことを何度もくり返して言ったり、あまり関係のないことを引っぱってきたりして、長時間叱ることです。


 しつこい叱り方は、過去のことをむし返して、何度も叱ることです。


 タイプにはめる叱り方といやみのある叱り方については、先ほどのお小言の例でおわかりでしょう。



 親の言うことを少しも聞かない子、口ごたえばかりする子。


 「この子は、私をイライラさせるために生まれてきたみたい」、「ほんとに、かわいくないんだから」と、グチっぽくなるのが人情です。


 幼稚園年長のよう子さんはのんびりやさんで、朝もなかなか服が着られません。見ていると、いらいらしてきて、つい手を出したくなります。

 お母さんは、「よう子、早くしなさい!」をおさえて、「よう子ちゃん、は〜やくしてくださ〜い」と歌うように言うことにしました。

 初めの頃は、反応がありませんでしたが、しばらく経って、よう子さんからも、「は〜い、もうすぐですよ〜」と、歌が返ってくるようになったそうです。今はまだ口が動くだけで、手や足の方は、そんなに速く動きません。それでも、朝一番のお母さんのお小言がなくなって、朝の大切な時間を、お母さんもよう子さんも、楽しい気分で送れるようになったのは大収穫です。


 お子さんの力を信じて、“待ち”の姿勢でいろいろ工夫してみませんか。


 「かつて娘が幼稚園児だった頃、子どもを動かすのは、北風よりも太陽だということを学びました。強く叱りつけるより、誉めたりおだてたりしたほうが、子どもは言うことをよくきくということです。」

 フリー・アナウンサーの寺田理恵子さんの言葉です。





バックナンバーです。是非ご覧ください。

 読み聞かせの大切さ

 乳幼児への関わりを大切に

 授業ノートの充実と家庭学習

 ゆとりある子育て〜がんばりすぎないことの大切さ〜

 国語の力をつけよう


 我が子の可能性をどう育てるか -子どもを伸ばす家庭-

7 
自立性(独り立ちの意欲)を育てる

 家庭教育と父親の役割

9 少子化の中での子育て -今、親に何が問われているか-

10 お母さん、お子さんを誉めていますか 

11 なぜ1年生のスタートが大切か

12 自立への「みちすじ」

13 新1年生になる子を持つ母親としてこれだけは!

14 小学校低学年の学習習慣作り

15 よく食べ、よく動き、よく眠る  〜子育てアドバイス〜

16 子どもの(親の)脳を育てるコツ

17
なくしたい叱り方

全家研から皆さんへ No.2 〜子どもへのアドバイス〜


HOME l 月刊ポピーについて l ご注文 l 全家研総裁エッセイ l 子育てエッセイ l お問合せ
HOME l 月刊ポピーについて l ご注文 l 全家研総裁エッセイ l 子育てエッセイ l お問合せ
★-----★-----★-----★-----★-----★-----★-----★-----★-----★
ポピーを発刊している全家研(全日本家庭教育研究会)は、子ども達の学力向上、よい習慣づくり、家庭の教育力強化のお手伝いをしています。
全家研より皆さんへ、家庭教育のお役に立てる情報を、こちらのコーナーでご紹介します。
★-----★-----★-----★-----★-----★-----★-----★-----★-----★
バックナンバーもご覧ください
No.1