ポピっこドリるん(幼児ポピー)についてのお便り


★ 今月号より「あかどり」と「きいどり」をすることにしました。子ども達に教材をわたすと、目が輝き、早速やり始めました。そして「うわーみて!!」 「どれどれ?すごーい」「こっちもみて!!」と2人が仲良く楽しそうにシールを貼ったり、紙をちぎってのりでペタペタ貼ったりしていました。こんなに喜んでくれるとは思っていなかったので、私もうれしくなりました。これからもよろしくお願いします。 

★ 12月号より「ポピー」を愛読させてもらっております。兄妹ともシールや迷路が大好き。間違い探しも最後の1個が見つけるのに苦戦しています。親子で楽しく学んでいます。
 入学前なので、カタカナが書けるように頑張ってほしいです。 

★ 初めてポピーをやって、娘はとても積極的に数や迷路にとりくんでいました。ページ数もちょうど良いみたいです。
 現在きいどりをやっているのですが、ガイドのページにはあかどりとあおどりの答えがのっているのを見て、1年後、2年後にこういう事をやるのだなというのが、こちらにわかるので良いと思いました。子育てをしている最中は、つい、今のことしか頭になくなってしまうので…。勉強することを習慣づけていけるよう、親子で努力していきたいと思います。

★ 7月号から取り始めたのでまだ日が浅いですが、子どもはとても喜んでポピーをやっています。母親の私も幼い頃(小学校低学年の頃)ポピーをやっていて、チラシを見て年少さん用からあることを知り、「これはぜひ!」と思って始めました。安いのに内容がとても充実していると思います。ほほえみお母さんは私が楽しみに読ませて頂いています。これからもよろしくお願い致します。

★ 4月からポピーを始めました。息子にはこのポピーがとてもあっていると思っています。迷路や間違い探しが楽しくて楽しくてとってもうれしそうにやっています。時には同じ迷路を何回も何回もやって楽しんでいます。
 母親も「ほほえみお母さん」をすみずみまで読んでいます。情報が盛りだくさんなので大変役に立っています。親子共々ポピー大好きです。


★ 今月からポピーの会員になりました。初めはおためしの気持ちでいましたが、届いた内容が想像以上によかったです。以前はふろく(おもちゃ)が付いているものをやらせていましたが、ふろくはすぐあきてしまい場所も取るのでやめました。ポピーは余計なものがなく、一冊の中に幅広い分野のドリルがぎっしりで驚きました。
 親用の冊子も中味が濃く、親も楽しめる点がとても良いです。「おやくそくカレンダー」早速使います。この様な付録は大歓迎です。「はてなのえほん」も良いです。付録が絵本というのはとてもためになります。親子でじっくり楽しく取り組んでいきたいと思います。これからも宜しくお願いします。


★ 3人兄弟の3番目の息子は、これが初めての定期購読です。今までは、兄弟の教材のえつけや付録のシールはりなどでしたが、自分のものとあって、喜びもひとしおでした。指定の活動を終わらた後も、ダンボールに貼り付けてままごとセットにしてみたり、色をぬり切り取ってモビールにしてみたり、文字覚えに活用したりと、まんべんなく使わせて頂きました。来月も期待しております。 

★ 今までは、○○○○の教材をやっていましたが、この4月よりポピーに変更しました。本人もさっそく喜んで取り組んでいます。日付を書く欄があるので、日付の感覚もつくし、1日1〜2ページずつやる事にしようねと決めました。他の教材の時は、2日間ほどでやり終えてしまい、次の号が来るまでに間があるような気がしました。ちょっとした事ですが、子どもは「今日はこのページ」と分量を決めて取り組むようになりました。いいスタートができ、うれしく思います。


ページトップへ戻る

小学ポピーについてのお便り


★ 頑張りやさんの娘、小学1年からポピーに出会い、全然残したことのない娘、ペースが早すぎて丸付けがおいつけないことしばしば…。今月は即〇付け!これが母の目標。(小3の保護者) 

★ 小学生になってコツコツ続けてきたポピーでの自主学習。ポピーをしている友達と土曜日の午前中はポピーをする時間と習慣をつけ、楽しくがんばっています。最近では、私もポピーをしたいというお友だちが2人増え、自分自身もポピーを中学生になってもしようかなと思っているみたいで、うれしく思っています。塾で勉強するのも良いですが、受け身の勉強にならないポピーでの勉強を続けてくれたらいいなと思っています。(小6の保護者)
  

★ もうすぐポピーをはじめて1年になります。1年間よくがんばっていました。息子がポピーをし始めると、2才の妹が「ポピちゃる!」ととなりに座り、「けしゴムかして!」「えんぴつおちたー」と騒ぐ中、世話をしながらのポピー。集中するのも難しい環境でしたが、シールのはり具合を見て、「もう少しやる!ここもシールはりたいから」と言うのには、すごーいと思いました。(小3の保護者)
  

★ 1年生の妹が今月からポピーを始めました。みんなの目に付くところにポピーがんばり台紙を2人分はって、シールを貼るのを競争しています。中学生の姉もポピーがなければ勉強できないほど頼りきり。これからは3人でお世話になります。宜しくお願いします(小4の保護者) 

★ 幼稚園の頃からポピーを続けていますが、本当にお世話になっていると思います。ポピーはむだが無く、親も学べます。子どもがいろいろな教材の中で、時には他社のものを欲しがった事もありましたが、全体的に考えても、子どもも私もポピーが一番良いと思っています。(小3の保護者) 

★ ポピーのよいところ ○スケジュールを自ら立てるようになれる。 ○机に自ら向かえる。 ○塾のようにわざわざ行かずに、4教科学習できる。 ○学校が楽しくなる。 ○4月から親子の関わりもすごく深くなった気がします。(小5の保護者)
 

★ 娘は幼稚園の「ぐんぐん ドリドリ」から始まり、小1まで継続してがんばってきた「ポピっ子」でした。ところが2年生の途中からとりやめてしまい、またこの4月より再開しました。『ポピーをする』ということは、学校の予習、復習、テスト勉強だけの目的ではなく『生活リズムを整える』という大切な意味があることに気づきました。毎日、決まった時間にできることから、少しずつやる!という無理なく続けられるのがよいかもしれませんね。(小3の保護者) 

★ 毎日こつこつとポピーの勉強をしている小3の娘。いつも勉強は1階のリビングでするのですが、食卓の上にはポピーがいっぱい。前の日に勉強したポピーの丸付けを昼間に私がして、して、帰ってきたら間違えたところをやり直しするというのが日課だからです。
 4年生の姉との二人分、毎日ポピーとにらめっこしている母です。でも、脳を使っているので、私のためにもかなりポピーにはお世話になっています。今後も末永く宜しくお願いします。
 

★ 4年生になってからポピーを始めましたが、子どもの性格にあっているのか、親が口うるさく言わなくてもすすんでするようになりました。採点も自分でさせていますが、”ずる”をするわけでもなく、きちんとこなせています。成績もアップで調子がいいので、このまま5年生になっても続けて頑張ってほしいと思っています。 

★ ポピー役立っています。小学5年生の息子です。最近、学校から帰って、「今日の算数、わからなかったのでポピーをやってみよう」と自らポピーをひらくときがあります。勉強はやる気が一番なので、ポピーはありがたいです。

★ ぼくは1年生になってポピーをはじめてから学校のべんきょうもよくわかりテストもいつも百てんです。ポピーさんにかんしゃしてます。ありがとう。ぼくもこれからもっとがんばりたいとおもいます。(小1の男の子) 

★ いつも勉強にあった教材を作ってくださってありがとうございます。おかげでポピーを始める前より、テストの点が上がりました。ポピーを始める前は80〜90点ばっかり取っていたのに、ポピーを始めてから100点をいっぱい取るようになりました。本当にありがとうございます!これからもいい教材を作って下さい。(小5の女の子) 

★ 私は、ポピーの丸付けをするときに、答えを見ないでしています。5年生にもなると内容も難しくなっていますが、私も頭をフル回転。子どもは私が丸付けをしているところを嬉しそうな顔で覗き込んでいます。対等に向き合える、とても大切な時間を「ポピー」にいただいています!(小5の保護者)


★ 毎月送られてくるこころの文庫は、日ごろ子どもが読んでいる本とは少し違い、素朴な物語で、しかも短編であるせいか、寝る前に「読む?」と尋ねると、すぐに読もうとします。あるいは、ポピーが届いた日に読んでしまっていることもあり、毎月の積み重ねはありがたいな、と感じる今日この頃です。(小3の保護者) 

★ ポピーが届いた時の様子は、目を輝かせ、本当に嬉しそうに大事そうに抱えて机に向かっています。そんな娘の様子に、私も嬉しく思います。字が大きく見やすく、絵もきれいで、でも要点はバシっと押さえてあるので、とてもやりがいがあるようです。
 最近は私が時間がないと、ポピーfで自分で答え合わせをしている様子で、「おー100点」と喜んでいます。これからもがんばれ。(小1の保護者) 

★ 子どもたちは、ほぼ毎日ポピーをしています。そして、ポピーやったよシールをはるのが私の役目。ささやかな親子の共同作業です。(小4の保護者) 

★ どうしてもポピーの算数をためてしまう次女。そんな時、頼りになるのが算数の得意なお父さん。スピードも集中力もあがります。
 だんだん親(特に父)の手を離れていく子ども達ですが、ポピーが思わぬコミュニケーションとなり、我が家の父、娘関係は良好です。(小6の保護者)

★ 3年生は自ら学習し、まる付けも自分でと聞いて、今までは全部私がまる付けをしていたのですが、自分でするように決めました。弟はまだ1年なのでまる付けは私がしているので、無関心に思われないように、娘が丸付けをした後に、更に私がチェックをして、花丸をつける事にしました。
 分からない時は、自分で答えと解説を見る、時には辞書で調べるという娘の姿に、成長したなあと感動し、アドバイスくださったポピーの先生にも感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。(小3の保護者)

★ なかなかポピーが進まない時は、土日のゆっくりした時間帯に子どもの横にいて、教科毎に1冊終わるたび、丸付けをしながら、下についているなぞなぞを楽しむのが、我が家の定番です。
 小4の息子になぞなぞを出している声を中2の息子も耳をそばだててこっそり聞いていて、小4の息子が答えられないと、うれしそーに答えています。そんな姿を見るのが私の楽しみでもあります。(小4の保護者)

★ 我が家には8歳と7歳と2人の男の子がいます。年少の時からドリルを2人ともとっていて、今もポピーを続けています。
 上の子が3年生になり、まわりの子が塾などに行き始めているのですが、長年ポピーをやってきた我が家(私達)は、ポピーの形というか、やり方などに今ようやくはまっており、続けてきてよかったと思っています。これからもポピーを利用していきます。お便りも楽しいし、とても分りやすいです。親側にとっても助かってます。(小3の保護者)

★ 「は・わ」「へ・え」の使い分けがなかなか難しいらしく、ポピーの先生にアドバイスを求めたところ、日記や音読が有効との意見をいただき、さっそくその日に息子の大好きなきょうりゅうのノートで、交換日記を始めました。
 三人の兄弟のまん中で、なかなか話してくれることがなかったのに、日記を通じて色々な事を教えてくれるようになりました。一石二鳥どころか、三鳥、四鳥…。これからも続けて行こうと思っています。(小1の保護者)

★ 「ポピーf」はいつも隅から隅まで読んでいますが、読んでいる私達に「伝えたい!!」という気持ちがとても感じられます。筆者の方々は直接お会いした訳でもないのに、私達に懸命にメッセージを送ってくださっているので、私達はそれを受け止めて、我が子を大切に育てていきたいと思います。
 ポピーは勉強だけでなく、子どもの心の成長や親へのメッセージもあり、子育てのバイブルにもあてはまるものですね。これからもよろしくお願い致します。(小1の保護者)


★ 小1からずっとポピーで勉強している子どもです。ポピーは教科書対応で、しっかり要点がおさえられているので、とても使いやすいと子どもが言っています。自ら全部やり残しのない様に、また間違いは正しく直して使用しています。これからも中学3年生まで頑張ってもらいたいと思っています。(小3の保護者)


★ ポピーを始めて1年がたちました。学校でみんながわからなかった答えが自分だけわかった…と喜んで学校から帰ってきました。それからはポピーするっ!!と自分から進んでやるようになりました。毎日ポピーが届くのを楽しみに待っています。(小2の保護者)

★ 娘が中学生になるのをきっかけに下の息子(小5)と一緒にポピーを始めました。まだ数ヵ月のお付き合いですが、のんびりマイペースの我が子にはピッタリの教材と感じています。
 「ポピーf」はどの記事も読みやすく、ためになるので、私の「教科書」として保存です。(小5の保護者)

★ 時間は予想以上にとられますが、ポピーのおかげで子どもと向き合う事が増えました。何が苦手でどこでつまづいているか、そこから考え方なども伝わってきます。
 こちらもさぼらず、親子でポピー がんばりたいです。(小1の保護者)


★ 4年生の前半までは、宿題も家庭学習も子ども任せで通信教材を与えて、そのまま子どもだけで自分の部屋で勉強をさせていました。4年生になって勉強も難しくなったせいか、成績がガタっと落ち、親の関わりの少なさを反省。宿題、家庭学習をダイニングテーブルでやらせ、丸つけも親がやりながら間違えた部分のアドバイスをしたところ、成績を戻すことが出来ました。
 4月からはシンプルで見やすいポピーに変え、今年から1年生の次男と一緒に毎日ポピーを頑張っています。二人とも1ページごとに貼るシールが大好きです。特に次男は「シールがないとポピーができな〜い」などと言っています。(笑) (小5の保護者)


★ 「脳みそトレーニング」主人、私、子ども達と毎回頭をひねっています。私が先に分った時は、心どきどき「やった〜」と思い、子どもは悔しそうにしています。親子で問題を解くのをとても楽しんでいます。楽しいひとときをありがとうございます。

★ 私も小さい頃ポピーをしていましたが、今はカラーできれいです。楽しい特集もあり、興味がもてそうな気がします。
 娘はポピーが届いてから「動物博士に挑戦」を私と一緒にしました。悩むところは、”なやむ”と書いていたので、ほほえんでしまいました。次の日、おじいちゃんやおばあちゃんにも聞いて楽しくしていました。
 子どもとともに楽しく毎月が過ごせそうです。楽しみにしています。

ページトップへ戻る

中学ポピーについてのお便り

★ 今日は嬉しいことがありましたので、お手紙をいたしました。
 我が家には中2(男)、小5(男)、小3(女)、年長(女)の4人の子どもがいます。下の三人は、ずっとポピーが大好きで頑張っていますが、長男だけはなぜだか「絶対にポピーはしない」と言って、私を困らせていました…。
 その長男が、私がさりげなく取り寄せておいた中学ポピーの英語をテストの前に珍しく見ていました。そうしたら、翌日のテストにその内容がバッチリ出題されていたそうなのです。そして、「お母さん、僕もポピーで勉強する!」といってくれたのです。
  4人分の支払いは大変ですが勉強する気になってくれたこと、頑固に拒んでいたポピーを長男が認めてくれたことで、とっても嬉しかったです。
 そのときは5月号だったのですが、4月号から取り寄せて頑張っています。(保護者)NEW


★ 私の勉強方は部活を引退して、時間が余っている人にオススメします。まず、授業の予習、復習は必ずやることです。予習はポピうーをノートに書きます。復習はポピーに直接やります。予習をすることで、次の日の授業の内容もすごく分かりやすくなり、分からなかったところは、ポピーで復習します。そうすることで定期テストの勉強方にもなります。私は3年になり、部活を引退してからこの勉強法行っているのですが、数学などは理解度が格段にUPしています!なので、せひみなさんにもこの勉強法を試してみて下さい。(中3)


★ こんにちは。私は中1の始めからずっとポピーをやっています。そんな私の勉強法、それは、「復習に力を入れること」です。毎日授業で進んだところをフレスタで復習し、まちがえたところには、ふせんなどで印をつけておきます。すると、自分の苦手な分野がどこだかがわかり、テスト勉強もやりやすくなりますよ!! 1度ためしてみてください。(中2) 

★ Popy理科と社会の使い方。注:FRESTAには書き込みません。理科も社会もまずノートに「@」や「A」などの基本問題を解きます。できなかった所には「FRESTA」のその問題のはしに印をつけておいて、もう一回やります。それができたら、その次のページの復習問題も同じ方法でチャレンジしてみてください。すごく簡単な方法ですが、取り組みやすいのできっと続けられると思います。私はちなみにテスト(社)98点、(理)96点とったよ。 

 ポピー大好き。私は1年生からポピーをしてきましたが、「良い事」だらけでした。友達は塾通いで急いで帰っていました。しかし!私は学校でものんびり出来、家に帰るとポピーをする⇒そのおかげでいつもテストは90〜100点でした!友達にも「うわぁすごい!」などど言われ、とってもうれしかったです。これからもポピーでがんばります! 

★ ポピーは予習にも復習にも使えて、とても便利です。解説もとても分りやすくて、解けなかった問題も理解できるようになりました。実技のテスト予想問題も入っててありがたいです。定期テスト100点目指してガンバリマス!


ページトップへ戻る

みんなの広場2003年

皆さんからのお便り2004年〜2005年

HOME l 月刊ポピーについて l ご注文 l 全家研総裁エッセイ l 子育てエッセイ l お問合わせ
皆さんからのお便り
「皆さんからのお便り」コーナーにようこそ!
ポピーについての感想、意見をご紹介しています。  ご投稿も受付中 こちらまでお寄せください。 

幼児ポピーについてのお便り    
小学ポピーについてのお便り  
中学ポピーについてのお便り  
HOME l 月刊ポピーについて l ご注文 l 全家研総裁エッセイ l 子育てエッセイ l お問合わせ