みんなの広場 2003年

幼児ポピー編集部に届いたお便りから


 毎月20日過ぎに届けていただいているポピー!9月の20日は土曜日!
 息子は「今日、ぜったいポピーが来るから、それまでお出かけしないよ」と言い、朝起きてから楽しみにしていました。するとAM10:00ちょっとに「ピンポーン」と我が家のインターホンがなりました。やっぱりポピーでした。いつも届けてくれるおじさんに、満足げに「ほら、やっぱり今日だったでしょ!」という息子。
 本当に毎月こんな楽しみにしている息子。届いてすぐに妹と二人でやっていました。
(神奈川県 Sさん)

 9月号を最初に見たとき、「これはパパに!!」と思い、日頃、子どもと接する機会の少ない夫にやってもらうことにしました。元々、工作が嫌いではない夫は娘には手をださせず!? ウキウキとやりとげてしまいました。
 娘も「私がやりたかった〜」と言うのかと思いきや、うれしそうに作品をのぞきこんでいました。(シールは自分で貼りましたョ)
 私としては収納に困りどうしよう…といった所ですが、市販のプラスチック製のおうちごっごのオモチャよりよろこんでいる姿を見て満足です。
 是非今後も父子で楽しめるようなふろくを付けて欲しいです。期待しています!!
(新潟県 ももママさん)


 年長になり、今までのポピーを整理しました。年少の時のドリルを見て、「うわ〜、めっちゃカンタン!」と娘が一言!絵本を見て「あんまり”じ”ないね〜」
 年少の時は自分の名前しか覚えてなかったのにいつの間にか、カタカナまで書けるようになって「たった2年ですごいね〜」と誉めたらニマ〜と笑っていました。
三重県・ちゃーちゃんママさん 

 年中の我が子。実は少し前まで他の教材を使っていましたが、あるきっかけで、ポピーの見本をお借りできるようになりました。何かよく分からないようなキャラクターだな、と私は思ったのですが、子供は「アオベエ」をとっても気に入り、「ポピーにかえたい」というのでポピーをとることになりました。
 今は特にポピっこドリルを楽しみ、ドリルの最後のパズルシールを仕上げにやって、やり切ったという満足感を味わっているようです。
静岡県・たんぽぽさん

 訪問販売などでいろいろな教材をすすめられ主人とどうしようと悩んだことがあったのですが、たまたま「にこちゃんポピー読んで!」と娘に言われて一通り読み終えた主人は、「どんな教材より、この本一冊あれば十分勉強になるよ」と大満足のようす。それ以来、毎日、夜寝る前にパパが読んでくれるようになり、娘も眠くなると「にこちゃんポピー読んで!」と言うようになりました。月がかわり、新しい本が届くと、パパのほうがワクワクしています。また、下の一歳の娘もいっしょにジーッと見ています。
長野県・菜々ちゃんのママ

 いつもポピーがくると、ほんの2,3日でドリルをやりとげてします娘です。とにかく楽しいらしく、「ごはんよーォ!」の声にも「もう1ページやってからぁー!」という返事。でも、わからなかったり、まちがったりするとくやしいのか、なきべそをかく状態です。でも、くやしいって気持ちを持つこともだいじですよネ!
栃木県・H.H.さん

 娘(年少)は、ポピーのビデオが大好きです。弟(1才)といつも、初めて観るかのように笑ったり驚いたり感激しています。
 親の私も、観る度によく研究されているなぁと感心しています。他社の同様のものも少し知っていますが、ポピーの自由な発想や、創造力を伸ばすところは、ほかにはないと思っています。
岡山県金光町 かよこのママさん

 「ほほえみお母さん」愛読者のみなさま、聞いてください。
 先週、私が質問をハガキに書いて出したところ、すぐに返事が届いて、とても分かりやすく説明されていました。その上、息子(年中)にあてた手紙まで同封されていました。
 親子で感動してしまいました。ほかの雑誌などでは考えられないことですよね?本当にありがとうございました。
香川県飯山町 まりりんさん

小学ポピー編集部に届いたお便りから


「ほほえみお母さん4年10月号」
 今月号で3回目になる「塾について考える」コーナーを特に興味深く読ませてもらっています。7月に青森から神戸市内に帰ってきたのですが、クラスのお友だちの何人かは塾に通っており、私立の中学受験を目指しているとのこと。主人も小4から塾通いを始めたそうで、同居の儀母も当然のように塾をすすめます。私と主人の意見は、とにかく今は学校とポピーを大切にして、お友達と遊んだり、山登りをしたり、子どもの足元をしっかり見守ってあげたいと思っています。私自身、塾に行ったことがないので、正直よくわかりません。子どもの「やる気」が一番だと思います。
兵庫県 谷口さん(小4・女の子の母)

 中3のお姉ちゃんは塾に行かなくてもポピーで学習し続け、好成績をキープしてきました。息子は男の子だからどうかな?と不安ですが、家で勉強している姉の姿をずっと見てきたことがいい経験になっていて、あたり前のようにポピーに向かいます。家庭学習の習慣はポピーから。親にとってありがたいことです。
埼玉県 吉岡さん(小5・男の子の母)


 学校から帰ってくるとすぐ外へとび出し、遊ぶ時間が夕方までになり、宿題をするのが精一杯のようでした。が、はじめてテストで「100点だった」とうれしそうに帰って来て見せてくれました。
 「すごいねー。毎日少しだけどポピーもやっているおかげかもね」と言ってみました。次の日から、ポピーをやる時間が少し多くなりました。
埼玉県越谷市 鈴木美恵子さん(小2の女の子)

 小学校の宿題に「音読」というものがあります。大人になってからは、子どもの音読を聴くばかりでした。ポピーには「こころの文庫」があるので、私が小6の娘の前で音読してみました。そしたら楽しくて、毎日なにかを音読したくなり、今では私の日課になっています。娘も楽しみに聴いています。
 去年届いた「こころの文庫」で、娘が読んでいなかった何冊かの本も、全部このようにして、共に楽しむことができました。
奈良県生駒市 常田陽子さん(小6の女の子の母)

 うちの娘は夏休みに「九九」をマスターしました。もちろんそれはポピーのCDのおかげ!車で移動の時は必ず”クックー”を聞いていました。でもちょっと心配なのは、7のだんの時は必ずピエロさんの声になることです。
鹿児島県喜入町・井上和代さん(小2・女の子の母)

中学ポピー編集部に寄せられた投稿から

友だちに感謝☆
 私はポピーに6月に入会しました。なぜ6月かというと、私の妹がポピーをしていたのに、私はやってなかったのです。私は中学生になって部活に入って、同じ部活のみんなでおしゃべりしていたら「ポピーっていいよな!」って友だちが言ってたので、私もなんかポピーをやりたくなってきて、お母さんに頼んだのです!
 今は、とても楽しいです!! ありがとー、友だち!!
大阪府和泉市 中1 

 ポピーをやりはじめてから、「2」だった数学が、なんと2倍の「4」になりました。そして、国語は「5」になり、3年1学期中間テストは230人中20番以内に!! 理科は学年トップ☆
 最近目に見えて成績が上がっているので、勉強が楽しいです。学校でやったことをポピーでその日のうちに復習しているだけなのに、この成績!!
 Thanks Popy. マジ感謝。塾に行ってる人と同じくらいの成績です。これからもPopyでがんばるよ!!
高知市 中3

ジオ・ワールドについて

 英語の雑誌は書店でも手に入りますが、日本語で説明された、環境、動物、科学といった様々な、また、正に旬の記事が有難いと思っています。私自身が面白く読んでいると、子どもが寄ってきて、一緒になってわいわいがやがややっています。私が面白いと思っていると、子どもも敏感にそれを察して、一生懸命読もうとしています。毎月の配本が楽しみです。
シンガポール 小4の母

 兄弟でジオ・ワールドを囲み、盛り上がっています。今まで何気なく見過してきた、ジャガーやトラ、ヒョウなどの柄の違いのように、新しい発見があることは子供たちにも良い刺激となっています。 
シンガポール 小3の母
戻る
HOME l 月刊ポピーについて l ご注文 l 全家研総裁エッセイ l 子育てエッセイ l お問合わせ
皆さんからのお便りTOPへ戻る